男児

五月人形を贈る習慣を体験|心底喜ばれる贈り物

五月飾りを贈る

人形

鎧飾りの形式

五月人形というのは五月五日の端午の節句に男の子の成長を祈るために飾られる五月飾りのうち、屋内に飾られる内飾りの代表的なものです。一般的には甲冑を飾る鎧飾りや、兜のみの兜飾り、それに金太郎などを象った人形を飾る場合もあります。かつては五段飾りや三段飾りなど、大きなものが主流でしたが、現在では住宅事情が変化して省スペースなものが主流となっています。鎧飾りでは従来より大鎧という形式の鎧が象られることが多いです。大鎧というのは平安時代に誕生した鎧の形式の一つで、最も格の高い鎧とされています。昨今では近年の戦国時代ブームによって、戦国時代に用いられていた当世具足の鎧飾りも人気で、それらの場合には有名戦国武将の鎧を象ったものが特に人気となっています。職人手作りの鎧飾りの場合には高額ですが、基本的には本物の鎧と同じ製作技法が用いられており、日本の伝統を感じることが出来ます。

スペースに注意

子供が生まれてから初めて迎える節句を初節句といいますが、男の子の場合であれば端午の節句に合わせて五月人形などを、両家どちらかの祖父母、一般的には母方の祖父母が贈るものとされています。ただし、地域によっては違いもあって、父方の祖父母が贈るという習慣がある場所もあるようです。最近ではあまり厳密にどちらかの祖父母が贈るものなどと認識されてはいませんが、場合によっては片側の家だけに負担が重なるような事態も発生するので、両家で話し合って折半にする場合もあるようです。いずれにせよ五月人形を贈る上で重要になってくるのは、贈り先のスペースを考慮した品を贈るという事です。もちろん値段なども重要になってくるのですが、最近では居住スペースの狭い住宅も多くなっています。そうした中でいかに良いものであっても、巨大な五月人形が贈られて来たら、有難迷惑になってしまう可能性もあります。事前に確認して、どの程度の大きさのものにするか決めておくと良いでしょう。