子ども

五月人形を贈る習慣を体験|心底喜ばれる贈り物

五月飾りを贈る

人形

五月人形の一つの形式として鎧飾りがありますが、古くから大鎧という形式の鎧が主流ですが、昨今では戦国ブームによって当世具足という形式の鎧にも人気があります。五月人形を贈る際には、贈られる側の住宅事情を把握して、大きすぎるようなものを贈ってしまわないように注意しましょう。

もっと読む

初節句のお祝いとは

兜

母方の親が負担

男の子の初節句には、五月人形や鯉のぼりを贈る習慣がありますが一般的には母方の実家が揃えます。地域によっては父方の実家が揃える場合もあるようですが、最近ではその風習も廃れる傾向にあります。それは子供の数が少なくなってきて贈る機会が減ってきたことも原因の一つです。高額な費用がかかるので、子供の両親の実家が折半して購入することも増えてきました。また五月人形と鯉のぼりをそれぞれの実家で揃えるといったようなことも行われています。最近は、実家の両親に費用だけ出してもらう場合もよく見られます。実家の両親が選んだものを若夫婦が気に入らない事もあるからです。実家が勝手に品物を選ぶのは厳禁で、とにかく若夫婦に相談してから選ぶようにしましょう。

早めに準備することが大切

五月人形を飾る時期は、春分の日から4月中旬にかけて出し始めるのが通常です。五月になって出すのは遅すぎると言えます。五月人形は高額なものなので、気に入ったものを探し出すまでには時間がかかることがあります。店頭に行く前にカタログなどを取り寄せて気に入ったタイプのものを見つけておいたほうが選びやすくなります。カタログで気に入ったものがあっても、実際に見ると想像していたものと全く違って見えることもあるので必ずお店で実物を見ることが必要です。人気の商品は、すぐ売り切れてしまうので購入準備は早めに行うことが大切です。3月中旬から飾り始めるので2月頃から準備を進めたほうがいいでしょう。費用のことで実家の親同士のトラブルにならないようにコミュ二ケーションを十分とることも大切です。

長く使う学校の鞄

ランドセル

女の子のランドセルを選ぶ際は、耐久性や使い勝手を一番に考慮する必要があります。デザインや色なども無難なものにして、6年間毎日欠かさずしっかりと使い続けられるようにしましょう。

もっと読む

カラフルなアイテムが増加

児童

女の子のランドセルは多様化し、パステルカラーやパールカラーなどさまざまな色合いが販売されています。また花やリボン、レースなどの刺繍や装飾なども施されているものが多いのが特徴です。人気のアイテムは早めに購入しないと品薄になる傾向です。

もっと読む